Core Web Vitals事例

FIDのデモ

FIDとは

First Input Delay (FID) とは、ユーザーが最初にするアクション(クリックやタップ等)に対する反応スピードを計測した指標です。

昨今のWebページはJavaScriptなどを活用し、りダイナミックにページを描画したり表現するようになりました。 このダイナミックな描画や表現が、時にはユーザーのアクションに対する応答の遅延を引き起こしており、結果的にユーザー体験の低下を引き起こしてしまいます。


画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=ioYqOicFtX0

FIDでは、ユーザーの最初のアクションに対するページの応答時間を計測し、ページ体験を評価する指標です。

この「遅延時間」は、入力があるページに対してのみカウントされる指標であり、入力が無いページはカウントされません

また、FID値はChrome UX Report(フィールドデータ)のみ確認する事ができる指標であり、Chrome DevToolsやLighthouse、Page Speed Insightでは計測できません。 代替指標としてTotal Blocking Time(TTB)をラボデータは計測できます。

公式サイトによると、反応時間が100ミリ秒(0.1秒)以下を推奨(Good)とされており、それ以上の遅延は改善が必要です。


画像出典:https://web.dev/fid/